プリンシプルが米国のデータ分析ソフト会社のHeapと業務提携、日本初のパートナーに

ツールの導入支援と日本語サポートを実施、データ解析でプロダクトマネジャーを支援
よろしければこちらもご覧ください

ウェブマーケティング支援事業のプリンシプルは、米国のデータ分析ソフト開発会社、Heapと業務提携することで基本合意した、と5月15日発表した。プリンシプルは日本で初めてのHeapのソリューションパートナーとなり、Heapのデータ分析ツールの導入支援と日本語サポートを行い、取得データの可視化サービスを展開する。

Heapは、米国スタンフォード大学出身の元Facebookプロダクトマネジャーが2013年に創業。開発した分析ツールは、企業がユーザーに提供する各種ソフト、アプリ、SaaSといったプロダクトに関するユーザーの行動データを自動収集し、プロダクトマネジャーをデータ解析で支援する。米国では6000社以上が採用しているという。

プロダクトは種類が非常に多く、分析から改善への標準的なプロセスが確立していないが、Heapのツールはその課題を解決。「インストール後○日以内に、◇機能を利用したユーザーの解約率が低いのでは?」とする仮説に対し、◇機能の利用ユーザーと使っていないユーザーを分け、解約率を比較して検証する使い方ができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]