NTT ComとPwCが製造業をDXする「デジタルマッチングプラットフォーム」を実証実験

デジタル設計データとAI活用の「Smart Factory」第1弾で、受発注業務を最適デザイン
よろしければこちらもご覧ください

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と経営コンサルティングファームのPwCコンサルティングは、製造業の設計・調達業務を効率化する「デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)」を2020年度中に商用化するため、実証実験を7月から共同で始める、と4月27日に発表した。デジタル設計データとAI(人工知能)を活用して製造業を支援する。


本サービスのイメージ

NTT Comが開発中の「Smart Factory」の第1弾で、少子高齢化と人口減少で担い手が減る製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)=ITによる業務変革=に貢献する。PwCは「Future Design Lab」で未来のものづくりの創造に特化した各種サービスを展開しており、製造業のあるべき姿の実現をNTT Comと連携して推進する。

「設計から調達の業務効率向上」では、発注側は部品の仕様情報をクラウド上で一元管理し、過去の設計データや3D図面から類似部品をAI解析して似た部品を重複して設計したり発注したりしないようにする。受注側は、見積依頼を受けた部品の3D設計データから過去の対応や類似部品を検索し、複数メーカーから受けた大量の見積算出を効率化する。

「さまざまな企業がつながる場を提供し、受発注の関係性を最適にデザイン」する機能も提供する。マッチング型と入札型の二つのデジタルマーケットプレイスを通じて、公開案件の見積回答などがスムーズになるので、メーカーの設計調達が効率化し、サプライヤー側は安定受注や設備の有効活用が期待できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]