さくらインターネットがシンキングリードと提携、同社の統合型CRM「F-RevoCRM」を提供

「さくらのクラウド」で展開、低コストで構築、CRMを初導入する企業も気軽に利用可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネットインフラサービスのさくらインターネットは、システム構築事業のシンキングリードと提携した、と2月19日発表した。同社が展開するオープンソースを活用した統合型CRM(顧客関係管理)アプリケーション「F-RevoCRM(エフレボシーアールエム)」をさくらインターネットのクラウドサービス「さくらのクラウド」で2月20日から提供する。

サービス概要図

F-RevoCRMは、マーケティング▽営業支援▽問い合せ管理▽販売管理--などの機能がある高機能なCRMで、業界や企業規模を問わず使える。オープンソースのため、各種システムとの連携やアドオン開発も容易になる。ライセンス数による課金がなく低コストで構築でき、CRMを初めて導入する企業でも気軽に活用が可能。

さくらインターネットは他社と提携して自社の顧客にサービス展開する「マーケットプレイス」を推進。今回のシンキングリードとの提携によるF-RevoCRMのもその一環となる。同社のサポートサービスが有料で受けられ、F-RevoCRMの基本的な操作や活用方法の問い合わせにメールで対応する。最新のパッチも提供される。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]