消費者の購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体、やはりいまだ1位は「テレビCM」【サイカ調べ】

「テレビCM」「新聞・雑誌広告」はいまだ強いが、その他媒体は、世代で受け取りがかなり異なる。
よろしければこちらもご覧ください

サイカは、「購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体」に関する調査結果を発表した。広告媒体の多様化、広告をとりまく環境の変化などを受け、同社が独自に調査・研究しているレポートの第15弾だ。

消費者の購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体、「テレビCM」「新聞・雑誌広告」が2強

この調査では、「テレビCM」「新聞・雑誌広告」「Webメディア上の広告」「まとめサイト・比較サイトの広告」「SNS上の広告」「動画サイト・動画配信サービス上の広告」「看板・屋外広告」に対して、「購買意欲を促進する媒体」「印象に残りやすい媒体」「信頼できると思う媒体」をそれぞれ質問した。

まず「購買意欲を促進する媒体」で、回答者数がもっとも多かったのは「テレビCM」77.4%が断トツで、続く「新聞・雑誌広告」は28.6%まで下がる。さらに14.4%まで下がるが3位は「Webメディア」だった。

世代別で見ると、全世代で「テレビCM」がトップだが、10代では「SNS上の広告」、20代・30代では「Webメディア」が2位に浮上する。3位に「動画広告」を選ぶ人も多い。

「印象に残りやすい媒体」でも、「テレビCM」86.2%が断トツの1位、「新聞・雑誌広告」26.3%が2位だった。こちらでも年齢別で見ると、10代・20代で2位に「SNSサイト上の広告」、3位に「動画広告」を選ぶ人が大幅に増加する。

そして「信頼できると思う媒体」を聞くと、1位「テレビCM」66.9%、2位「新聞・雑誌広告」50.2%が上位だが、数値は他2項目とかなりの変化がある。相対的に、信頼という点ではテレビCMは下がり、新聞・雑誌広告は上がっている。そして3位に「まとめサイト・比較サイトの広告」が14.4%と低い数字ながらランクインしている。

年代別に見ると、「まとめサイト・比較サイトの広告」に対しては、30代~50代の信頼度が高い模様。また60代では、テレビCMより新聞・雑誌広告のほうが、信頼性の高い媒体として認識されていることがうかがえる。

調査概要

  • 【調査内容】購買意欲・印象・信頼に影響する広告媒体アンケート調査
  • 【調査対象】一般消費者
  • 【調査方法】Webアンケート調査
  • 【調査時期】2019年12月
  • 【回答数】1,269人
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]