SEO管理プラットフォーム「Gyro-n SEO」MEO機能の月額利用料金を引き下げ、1000円に

基本プランと合わせて最低料金は月額1500円、要望を受けて順位計測システムを再設計

ウェブマーケティングツール・決済代行ソリューションのユニヴァ・ペイキャストは、同社のSEO(検索エンジン最適化)管理プラットフォーム「Gyro-n(ジャイロン)SEO」のMEO(地図エンジン最適化)機能の月額利用料金を12月17日に改定した、と同日発表した。1店舗1000円(税別)に引き下げた。これまでは同4000円だった。

Gyro-n SEOのMEO機能は、「Googleマップ」の順位計測・解析・レポーティングと、店舗・会社の情報を掲載するサービス「Googleマイビジネス」の管理が可能。事業名、営業時間、住所、地図を検索結果に表示する「ローカルパック」・Googleマップの順位や、Googleマイビジネスに関する自動PDFレポート生成ができる。

1アカウントあたり月500円からのGyro-n SEO基本プランが必要で、MEO機能の最低料金は同1500円となる。8月にサービスを初めて以来、ユーザーなどから料金面の要望があり、順位計測システムを再設計することでコスト低減を実現。MEO施策の管理やクライアントへのレポーティング業務に気軽に利用できるようにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]