富士通が映像から人の行動を認識するAI「行動分析技術 Actlyzer」を開発、購買行動の分析にも活用

基本動作を認識し、組み合わせて不審行動や購買行動などの認識することを可能に
図1 不審行動とみなす基本動作の組み合わせ例
図2. 様々な業種・業務への適用イメージ

富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司は、映像から人の様々な行動を認識するAI技術「行動分析技術 Actlyzer(アクトライザー)」を開発した、と11月25日発表した。

AIで人の行動を認識するためには、現場導入までに数カ月の時間を要するという課題があった。Actlyzerでは人の基本的な動作の組み合わせなどから構成されているという特徴を活かして、基本動作を学習して認識できるようにしておき、それを組み合わせることで、不審行動や購買行動などの複雑な行動を認識することを可能にした。

認識したい行動を基本動作の組み合わせで指定できるため、人の様々な行動を認識するシステムを短期間で現場に導入することが可能になる。従来目視で行っていた不審者の発見の自動化、小売店での来店者の購買行動の認識からそれぞれの商品の関心度の調査の実施、工場での熟練者と初心者の技能比較など、様々な業務のセキュリティ向上や現場改善などの課題解決を支援する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]