ヤフーのビッグデータを活用できるサービスが提供開始。自身で分析か、コンサルティングか選べる2種類

企業や自治体向けに事業の創造や成長支援などを支援するデータソリューションサービス
よろしければこちらもご覧ください

 

Yahoo!JAPANを運用するヤフーは、ヤフーのビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などを支援するデータソリューションサービスを10月31日提供開始した、と同日発表した。

ヤフーのビッグデータをブラウザー上でご自身で調査・分析するツール「DS.INSIGHT」と、分析結果の提供や、活用支援のためのコンサルティングを提供する「DS.ANALYSIS」の2種類から提供を開始し、今後ラインアップを増やしていく予定だという。

ヤフーは、ビッグデータ活用を社外に対しても広げることで、企業や自治体へ価値を創出できると考え、企業・自治体と実証実験を進めてきた。その結果、商品開発にビッグデータを活用した商品は、初週の販売数は約2.6倍になるなど、成果を得ることができた。実証実験結果をふまえ、正式に本サービスの提供を開始することにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]