九州工大がTableau Japanとデータサイエンス教育で協力、データ分析「Tableau」提供

情報工学部新入生500人に、大学院のデータサイエンスコースも採用、ライセンスは無料

九州工業大学は、データ分析プラットフォームを展開する米国Tableau Softwareの日本法人、Tableau Japanと、データサイエンス教育で協力する、と8月26日発表した。Tableauのデータ分析ソフト「Tableau(タブロー)」を同大学情報工学部の新入生500人に9月から順次提供し、大学院のデータサイエンスコースでも採用する。

Tableauを体系的に導入する大学は、九州工業大学が日本で初めて。同大学には国立大学で唯一、情報工学部があり、Tableauは米国の多くの大学の授業で使われていることから採用した。データ分析を授業に取り入れることで学生は卒業後も仕事に役立てられる。Tableauは就職に有利な技術としても認識されているという。

九州工業大学は学生と教師に対し、Tableauのアカデミックプログラムを活用してライセンスを提供する。同プログラムは次世代のデータ人材支援を目的にし、ライセンスは無料。Tableau Japanは同大学向けのトレーニングやワークショップを行い、学生の能力向上を支える。今後、他大学にも同様の取り組みを広げていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]