自社・競合のSEOパフォーマンスの調査、タスク管理を効率化するWebサイトのマネジメントプラットフォーム「Market Engine」を提供

Google Analyticsと連携するなどさまざまな機能を搭載したプラットフォームをCINCが提供
よろしければこちらもご覧ください

インターネットソリューション事業のCINCは、Webサイトのマネジメントプラットフォーム「Market Engine」を提供開始した、と2月5日発表した。Market Engineは、自社・競合サイトにおけるSEOのパフォーマンスから、タスクの進捗までを一元管理できるWebサイトのマネジメントプラットフォームとなる。

SEO対策に欠かせない「Google Analytics」「Google Search Console」の両ツールと連携したWebサイトのモニタリングや、自社・競合サイトの検索順位の自動取得など、さまざまな機能を搭載している。CINC取得しているキーワードビッグデータを基にした、Googleアルゴリズム変動に関するレポートもいち早く取得する。

Market Engineの主な機能は、「Google Analytics」との連携 、「Google Search Console」との連携、自社・競合サイトの検索順位の自動取得、キーワード別の検索結果(SERPs)の自動取得、特定のキーワード・ページのグルーピング、データの取得、アルゴリズム変動のレポート機能、タスク管理機能搭載、などとなっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]