日本経済社とインターアローズがB2B企業向けデータ・インテリジェンス・ソリューション「Datanyze」販売において業務提携

どの企業が、いつ、どんなテクノロジーツールを導入したかなどのデータを提供
よろしければこちらもご覧ください

日経新聞グループの日本経済社と、デジタルマーケティングのインターアローズは、B2B企業向けデータ・インテリジェンス・ソリューション「DATANYZE(データナイズ)」の販売において業務提携した、と1月10日発表した。

Datanyzeは、高度な情報収集技術を用い「どの企業が、いつ、どんなテクノロジーツールを導入したのか」を利用企業に提供する。利用シーンは、「競合他社のHPの分析、リサーチが必要な場合」「自社HPに最新のツール導入を考えている場合」「自社のインサイドセールス強化を考えている場合」など。

日本経済社では、こうしたシーンに遭遇した企業に対し、Datanyzeを提供し、B2B業界において、デジタルとマーケティングの両面から積極的な支援を行っていくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]