Yahoo! JAPANのYahoo!アドエクスチェンジがAmazon Publisher Servicesとの接続を開始

サーバー・トゥー・サーバーのヘッダービディングを用いた広告配信に対応
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、同社の広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」がAmazon Publisher Services(APS)の「Transparent Ad Marketplace」と接続し、サーバー・トゥー・サーバーのヘッダービディングを用いた広告配信に対応したことを11月13日発表した。

ヘッダービディングは、運営する媒体に広告が配信される前に、公平な広告の入札競争(広告掲載価格の比較)を可能にする、媒体社の収益改善が期待できるソリューションで、Transparent Ad Marketplaceを導入する媒体社は、Yahoo! JAPANからの広告配信をヘッダービディングを用いて取引することができ、広告リクエストの増加により、収益性の向上が期待できる。

Yahoo! JAPANは、複数のヘッダービディングを導入、管理することのできるAPSのような高度なサーバー・トゥー・サーバーのソリューションを提供する企業と協力することで、媒体社へのヘッダービディングの導入促進を支援していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]