インテージが機械学習自動化プラットフォームの米国DataRobotとパートナー契約締結

同プラットフォーム「DataRobot」を生かしたカスタム型データ解析開始、導入支援も

マーケティングリサーチ・データ解析事業のインテージは、機械学習自動化プラットフォームを展開する米国DataRobotと、SI(システムインテグレーション)・コンサルティングパートナー契約を結んだ、と10月9日発表した。DataRobotの同プラットフォーム「DataRobot」を生かしたサービスを同日始めた。

プラットフォームのDataRobotはデータサイエンティストのノウハウを集約。予測モデルを容易に速く高精度に自動生成する。インテージはDataRobot活用サービスとして、自社が持つ消費者の買い物データ「SCI(全国消費者パネル調査)」などの生活者ログデータを使ったカスタム型データ解析を実施する。

併せて顧客企業へのDataRobotの導入支援も行う。今後は両社が共同し、インテージのマーケティングデータとDataRobotを融合させ、売り上げや需要の予測分析自動化や、スマートテレビ視聴ログデータとの組み合わせによるテレビCM出稿プランニング・買い付け支援といったサービス開発、商品化を進める。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]