Webサイト・アプリ多言語化サービス「WOVN.io」とECプラットフォーム「Shopify」が提携開始

コマースページを簡単に多言語化できる専用プラグインを提供
よろしければこちらもご覧ください

Webサイト多言語化管理サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を提供するWovn Technologiesと、世界175カ国でマルチチャネルコマースプラットフォームを運営するShopify Japanは9月より提携し、ECプラットフォーム「Shopify」にてコマースページを簡単に多言語化できる専用プラグインの提供を開始した、と9月20日発表した。

訪日外国人が日本で購入した商品を帰国後にECサイトで再購入する事例が増えている一方、翻訳と運用の課題指摘される。Wovn Technologiesは、より多くのShopify利用者が今までよりも簡単に、高品質な翻訳でShopifyショップページを多言語化できるよう、専用プラグインを開発することにした。

Shopifyは、国内外関わらずオンライン販売を手軽に始められるため、2017年に日本に上陸して以来、国内においてもグローバルECの構築をはじめ、数多くの事業者に利用されている。Wovn Technologiesは、これまでWebサイトを追加開発なしで多言語対応するWOVN.ioを、1万以上の事業者に提供している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]