デジタルステージがWebサイト作成サービス「BiNDup」を9月27日に刷新、CMS強化や常時SSLを自動化などの機能を追加

オンラインサービスと、デスクトップアプリケーションの両方を兼ね備えたサービスに

ソフトウエア企画・開発・販売のデジタルステージは、HTMLやCSSなどの記述なしにWebサイトが作成できるBiND for WebLiFEシリーズと、BiNDクラウドを統合したサービス「BiNDup(バインド・アップ)」を9月27日に発売する、と8月21日発表した。

BiNDupは、技術を取り入れ進化していくオンラインサービスと、安定した環境で使い続けられるデスクトップアプリケーションの両方を兼ね備えたサービスとなる。また、CMS機能「BiND Press」の仕組みを抜本的に見直すことで高速化を実現し、大規模なページに耐えうる機能と環境を備えた。

将来的には複数アカウントでの更新が可能になるなど、コンテンツマーケティングを実現する本格的なCMSへと拡張していくという。また、CSS設定を直感的に行う「Dress」機能の強化や、サイトのコンバージョンに関わる情報を別ウィンドウでポップアップして表示する「ウィジェット機能」を新たに搭載した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]