レスポンシブWebデザイン対応のWeb制作サービス「BiNDクラウド 最新版」ベータサービスの提供開始

レスポンシブWebデザインへの対応、Webフォーム作成機能の搭載などを実施
よろしければこちらもご覧ください

ソフトウェア企画・開発・販売のデジタルステージは、クラウド型のWebサイト制作サービス「BiNDクラウド」の機能をアップデートした「BiNDクラウド 最新版」のベータサービス提供を11月26日に開始した。

最新のBiNDクラウドでは、ユーザーインターフェースの刷新によって操作性の向上を図ったほか、レスポンシブWebデザインに対応したテンプレートによって、PCとスマートフォンに対応したWebサイト制作の幅を広げた。また、Webフォーム作成サービスの「Smooth Contact」を搭載し、セキュリティとデザイン性を兼ね備えたWebフォームを簡単に、無料で設置可能になった。Webフォームの問い合わせ状況は、専用の管理画面で見ることができる。

その他、Webサイト全体のCSSを一括して設定できる「Dress」機能の追加、Google マップのカスタマイズ機能である「Google Styled Map」への対応、フリーWebフォント約700種類を追加するなどデザイン面の強化を図り、複数人でのデータ共有やバックアップに役立つエクスポート機能も搭載した。

BiNDクラウド
http://bindcloud.jp/

デジタルステージ
http://www.digitalstage.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]