ロックオンの「アドエビス」とトレジャーデータの「TREASURE CDP」が連携を開始

さまざまなデータソースとマーケティングデータがTREASURE CDPで統合・分析可能
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングロボット開発のロックオンと、データマネジメントのトレジャーデータは、ロックオンのマーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、トレジャーデータのCDP(カスタマーデータプラットフォーム)「TREASURE CDP(トレジャーシーディーピー)」の連携を6月28日に始めた、と同日発表した。

さまざまなデータソースと、アドエビスが持つマーケティング施策の実施データがTREASURE CDP上で統合・分析できる。アドエビスの初回購入までの行動データと、カートシステム上の受注情報、購買頻度など、複数のシステムに点在するデータの連携で広告認知からリピートまでのユーザー行動が可視化できる。

飲食店の求人・転職サイト「cook+biz」を運営するクックビズがアドエビスとTREASURE CDPの連携サービスを先行導入し、広告データを起点にした顧客データの統合分析と、顧客の活動状況や流入チャネルに応じた広告配信で活用している。TREASURE CDPはデータの収集・分析・連携を目的にするクラウド型のCDP。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]