SpelldataがOracle Dyn Managed DNSサービスとWebパフォーマンスのコンサルティングの販売を開始

Webパフォーマンスとサービスの稼働状況監視のノウハウを活かしたDNSの運用を支援

Webサイト品質改善のSpelldataは、クラウドアプリのOracle Corporationとパートナー契約を締結し、日本の企業向けにOracle CloudのWebパフォーマスのコンサルティングおよびOracle Dyn Managed DNSサービスの販売を6月20日より開始する、と同日発表した。

Spelldataは、今までWebパフォーマンス計測サービスのCatchpointと販売代理店契約を結び、Webパフォーマンス計測サービスや、Webパフォーマンス改善のサービスを提供してきた。全てのオンラインサービスの起点となるDNSのサービスを拡充することで、Webパフォーマンスとサービスの稼働状況監視のノウハウを活かしたDNSの運用を支援できるようになる。

現在、DNSサービスは世界的に遅延傾向にあり、日本においてもDDoS攻撃の対象となっている。Spelldataは、高速で安定したWebやSaaSへのアクセスを提供したい企業に高信頼性DNSサービスを提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]