ICTがCSSグリッドを容易に生成・ダウンロードできるウェブサービス「DEX-GRID」開始

グリッドを構成するHTMLタグのclass属性値やマルチデバイス対応設定の変更が可能
よろしければこちらもご覧ください

ウェブシステム構築のICTは、ウェブページのスタイルを指定する言語のCSS(カスケーディングスタイルシート)グリッドが容易に生成・ダウンロードできるウェブサービス「DEX-GRID」を6月13日に始めた、と同日発表した。グリッドを構成するHTMLタグのclass属性値の変更やマルチデバイス対応の設定変更が可能なグリッドジェネレータとなる。無料で提供する。

CSSグリッドシステムを使用する際の自由度と表現力を高める。class属性値の変更は、同じ仕組みの異なる仕様のグリッドが同一ページ内に複数設置可能になり、細かなマルチデバイス対応を実現する。CSSが出力できる従来のグリッドジェネレータは、class属性値やマルチデバイス対応の設定変更が難しかった。DEX-GRIDでウェブサイト制作時間が短縮できるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]