アドエビスがインテージと協業、ユーザーの実行動データとアンケートを活用した調査サービス「アドエビスリサーチ」を提供開始

対象サービスとして、インテージの「マイティモニター」が選択可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/6/7 7:00

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、市場調査のインテージと協業し、「アドエビスリサーチ」の新サービスを6月5日に開始する、と同日発表した。アドエビスリサーチの対象サービスとして、892万人のアンケートリサーチパネルを保有するインテージの「マイティモニター」が選択可能になった。

ロックオンのアドエビスリサーチは、インテージとの協業によって、業種や企業規模を問わない網羅性の高いアンケート調査のほか、自動車、介護、直近3ヵ月の近況といったテーマでターゲットを絞り込んだ調査も可能になる。

アドエビスは、顕在層向けの刈り取り型の広告の効果測定や、潜在層向けのコンテンツマーケティングや動画広告などのテレビCMまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積できる。蓄積したログデータを用いることで、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化の仮説を立てたり、予算最適化や検証を行うことができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]