IPAがウェブサイト開設や刷新での運用形態の選定やセキュリティ対策の手引きを公開

小規模事業者が主対象、クラウドやレンタルサーバーなどのメリット・デメリット整理
よろしければこちらもご覧ください

独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は、小規模事業者を主な対象に「ウェブサイト開設等における運営形態の選定方法に関する手引き」を作成し、5月30日に公開した、と同日発表した。ウェブサイトの新規開設や刷新の際、クラウドサービスなど運用形態別のメリット・デメリットや、セキュリティ対策に必要な確認項目を整理した。

同手引きには「組織の実情にあったウェブサイトを構築・運用するために」のサブタイトルが付けられている。企業などのウェブサイトで不正アクセスによって個人情報が流出するトラブルが起きていることから、セキュリティに問題があるウェブサイトが不用意に制作されないように作成した。発注事業者と制作受注者の利用を想定する。

手引きは、第1章でウェブサイトの運営形態の種類と特徴、第2章で運営形態を実際に選ぶためのアプローチ方法について解説。運営形態を検討したうえで考慮すべきセキュリティ対策を第3章で紹介している。運営形態はモール、クラウド、レンタルサーバー、ハウジング、オンプレミス(自社保有)などを指す。PDF版がダウンロードできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]