メディアリンクのウェブ接客「sinclo」がランドスケイプのデータベース「LBC」と連携

サイト訪問者の企業特定やターゲット企業がサイト訪問者の中でどのくらいあるか判別
よろしければこちらもご覧ください

コミュニケーションに特化したシステムソリューションのメディアリンクは、自社が展開するウェブ接客ツール「sinclo」が、データベースマーケティング支援のランドスケイプが提供する企業データベース「LBC」と連携した、と1月29日発表した。サイト訪問者の企業・団体を特定したり、ターゲットに選定した企業が、サイト訪問者の中でどのくらい該当するかを判別したりできるようになった。

sincloのリアルタイムな訪問者情報を可視化する機能やアクセス履歴画面と連携する。LBCは全国の事業所に11桁の管理コードをあてた法人データで、企業のIPアドレスや業種、売上高などの企業属性を管理している。自社サイトを訪問したユーザーのIPアドレスをsincloを介してLBCとマッチングさせることで、企業属性を生かしたウェブログ解析や、営業に活用する有望リストの抽出が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]