サイバーエージェントが企業の保有データの広告活用を支援する「CA DATABANK」開始

オンライン・オフラインのデータを統合して効果測定まで含む広告への活用をサポート
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、広告技術商品を開発する同社のエンジニア横断組織のアドテクスタジオが、企業が保有・蓄積している各種データの統合的な広告活用を支援するプラットフォーム「CA DATABANK(シーエー・データバンク)」の提供を始めた、と11月1日発表した。企業のオンライン・オフラインのデータを統合・セグメント化し、効果測定まで含めたデータの活用をサポートする。

企業のニーズに応じ、第三者データ保有社との契約やデータの獲得から、蓄積したデータ同士を掛け合わせた独自のターゲティングの提案、広告へのROI(投資対効果)測定のためのデータ活用まで一貫してサポートする。企業がそれぞれ保有・蓄積できるデータには限界があり、断片的になっていることからCA DATABANKを展開する。今後は蓄積したデータから他のデータを予測する類推拡張機能も予定する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コミッション
手数料や歩合を意味する語句。 広告代理店やアフィリエイト事業者は、広告主が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]