アルファサードがCMS「PowerCMS」の新バージョン「PowerCMS 5」の販売を来春に開始

よりエンタープライズ用途に特化、マーケティング機能やアクセシビリティ対応を強化
よろしければこちらもご覧ください

ソフト開発のアルファサードは、同社が展開するCMS(コンテンツ管理システム)「PowerCMS」の新バージョン「PowerCMS 5」の販売を来春に始める、と10月30日発表した。よりエンタープライズ(企業)用途に特化したCMSにする。PowerCMSは企業向けCMSで、2017年に10周年を迎えた。2000を超えるウェブサイトに導入されているという。今回は4年ぶりの大型バージョンアップとなる。CMSと関連サービスのシックス・アパートのCMS「Movable Type」の現行「6.3系」を基に開発しているが、同CMSのメンテナンス終了後も継続してサポートする。

PowerCMS 5は、マーケティング機能の強化▽ウェブアクセシビリティ対応の強化▽コンテンツのパーソナライズとSEO(検索エンジン最適化)対策の強化▽データベース関連の改善と信頼性の向上▽モバイル対応の強化▽開発ツールの同梱--を計画する。モバイル対応の強化は管理画面をスマートフォン・タブレットに対応させる。PowerCMSの最新版や次期バージョンなどを紹介する催しを12月1日午後2~5時にベルサール九段Room4(東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル4F)で開く。参加無料、定員100人。専用ページから申し込む。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス