CyberBullとMADSが店頭のサイネージと連動する動画広告商品「CROSS BRIDGE」を展開

ウェブの動画広告で認知向上、店頭に訪れた際に最適化したサイネージ広告で再度販促

インターネット広告のサイバーエージェント子会社で動画広告に特化した広告代理事業のCyberBullは、デジタルサイネージ(電子看板)ソリューション事業のマイクロアドデジタルサイネージ(MADS)とともに、動画広告商品「CROSS BRIDGE(クロスブリッジ)」の展開を始める、と10月19日発表した。ドラッグストアなど小売店の店頭にあるサイネージと連動し、商品の認知から購買までを一括支援する。

ウェブの動画広告を通して認知・購買意向を高め、店頭に生活者が訪れたタイミングでデジタルサイネージの動画広告で再度販売促進を図り、実際の購買につなげる仕組みとなる。店頭で見せるサイネージ広告用の制作物は、ウェブの動画広告に対するユーザーの反応を参考に最適化する。CyberBullは動画広告のプランニングから制作までを手掛け、MADSは動画制作物の広告配信と配信管理を担当する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]