富士ゼロックスが異なるSNSの複数アカウントが統合管理できる「SkyDesk Social」開始

クラウドサービス、一括投稿やコメント内容のポジティブ・ネガティブ分析などが可能
よろしければこちらもご覧ください

富士ゼロックスは、企業が異なるSNS(ソーシャルネットワークサービス)に開設している複数のアカウントが統合管理できるクラウドサービス「SkyDesk Social(スカイデスクソーシャル)」を10月2日に始めた、と同日発表した。SNSへの一括投稿や、「いいね」やコメントをしたアカウントの属性、コメント内容のポジティブ・ネガティブを分析して次の投稿に活用するなど、企業のSNS活用を促進して運用を支援する。ブランドことに「Facebook」「twitter」「Instagram」「LinkedIn」「Google+」のアカウントを統合して管理・分析できる。

SkyDesk Socialはブランドごとの複数SNSに対し、指定した日時に同時に予約・投稿できる。過去の投稿への実績から、より反響の多い投稿のタイミングを自動的に予測して提案する機能「SmartQ(スマートキュー)」を活用した投稿も可能になる。投稿に反響を寄せたアカウントの属性分析や、富士ゼロックスが開発した自然言語処理技術でコメント内容を判定して良し悪しの割合を可視化する「センチメント分析」もでき、結果をレポートで一覧にする。これによって有効なコンテンツが分かる。スタンダードプランは半年契約で5010円(税別)。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]