LINE、ライブ動画プラットフォームの「LINE LIVE」にインストリーム広告「LIVE Video Ads」を導入

広告主のブランディングや認知度の向上を実現する動画広告メニューとして導入開始
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォン向け無料通話・無料メールアプリのLINEは、ライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」で、9月25日より動画の開始前、再生途中、完了後などに差し込むインストリーム広告「LIVE Video Ads」を導入した、と9月25日発表した。LINEでは、広告主のブランディングや認知度の向上を実現するリッチな表現が可能な動画広告メニューとして、LINE LIVE上におけるインストリーム広告メニューLIVE Video Adsを導入することにした。

LIVE Video Adsの収益は配信者に還元する。配信者への広告掲載インセンティブなどの還元を行なうことで、さらなる配信コンテンツのクオリティ向上を促すことが可能になり、視聴者の配信コンテンツに対する満足度向上が見込める。また、広告主のブランディングや認知度の向上を実現できる機会創出に対しても良い循環が回る「エコシステム」の創造を目指すという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]