セブン&アイ・ホールディングスがオムニチャネル戦略を強化、戦略基盤にSalesforceを採用

顧客へのサポート実現のためセールスフォース・ドットコムのクラウド型CRM採用を決定
よろしければこちらもご覧ください

クラウドサービスのセールスフォース・ドットコムは、総合流通グループのセブン&アイ・ホールディングスが、オムニチャネル戦略強化に向け、クラウド型CRM(顧客管理)のSalesforceを採用した、と9月25日発表した。セブン&アイは、顧客一人ひとりに合わせたマーケティングと顧客サポートを実現でき、システムの拡張性と柔軟性に富んだクラウド型サービスであるSalesforceを採用した。

Salesforceの導入により、セブン&アイはカスタマーセンターにおいて、これまでの電話とメールによる対応に加え、SNSやアプリなどのチャネルを増やすことで顧客の利便性を高め、スムーズなカスタマーエクスペリエンスの提供を目指す。また、情報の一元管理とAI機能の活用により、応対品質の向上と均質化を進め、顧客へ質の高いサービスが提供できるようになるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]