スターバックスがポイントプログラム「Starbucks Rewards」開始、データ連携で体験価値を向上

店舗およびオンラインの購買・行動データなどを連携させて顧客体験を広げていく

スターバックスは9月19日、顧客向けのポイントプログラム「Starbucks Rewards(スターバックスリワード)」の提供開始を発表した。翌日の20日から、公式サイトまたはリニューアルしたアプリから利用可能になっている。


Starbucks Rewards

Starbucks Rewardsは、同社のプリペイドカード「スターバックス カード」を登録して利用するポイントプログラム。Web登録済みのスターバックスカード、またはアプリで発行したデジタルカードを使った商品購入50円(税抜)ごとにスターが1つ発行される。

スターはグリーンとゴールドの2種類。まず、付与開始から1年以内にグリーンスターを250個集めると、次にゴールドスターを集められるようになる。ゴールドスターを150個集めると、商品などと引き替えられる「Reward eTicket」と交換できる。グリーンスターはゴールドに進んだ段階でリセットされる。

一見するとよくあるポイントサービスだが、同社のブランドメッセージである「体験価値の向上」にフォーカスしていることが一般的なサービスとの違いだと、水口CEOは強調する。

スターは通常のコーヒーやフードのほか、会員限定商品、スターバックスが提供する社会貢献プログラム、イベントの先行登録などの体験型プログラムとも交換できる。また、スターをきっかけに試したことがないお気に入りのコーヒーのカスタマイズやフードペアリングなど、新しい体験の発見につながることも期待しているという。


データを活用したパーソナライゼーションも体験価値向上に向けた取り組みの1つ

Starbucks Rewardsは米国で先行提供されており、国内のスターバックスでは初のポイントプログラム。同社がグローバルで掲げる4つのデジタル戦略を推進するプログラムになる。なお、日本ではStarbucks Rewardsの導入にあたり、独自にDMPを選定してデータ活用基盤を構築したという。


スターバックスが実施してきたデジタル施策

スターバックスが柱とする4つのデジタル戦略

現在、日本のスターバックス公式アプリダウンロード数は180万件を超え、全国の店舗には毎週500万人ほどが来店する。今後、Starbucks Rewardsの導入によって、店舗およびオンラインの購買・行動データなどを連携させて顧客体験を広げていく。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet17はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]