メール配信システム「MailPublisher」がリストクリーニングサービスとレポート機能を強化

9月にリストクリーニングサービスを強化し、10月に2つのマーケティングレポート機能を追加する
よろしければこちらもご覧ください

メールマーケティング支援のチーターデジタルは、同社が提供するメール配信システム「MailPublisher」において以下2つの機能強化を行うと8月21日に発表した。

  • リストクリーニングサービスの強化(9月)
  • マーケティングレポート機能の追加(10月)

リストクリーニングサービスは、メールを配信するアドレスリストが配信可能かを判別するサービス。不正なメールアドレスに大量にメールを配信すると、ISPや携帯キャリアからスパムメールと誤判定されてしまうことがある。今回の機能強化により、最速で1時間につき100万通のスピードで精査が可能になる。

マーケティングレポート機能で追加されるのは、「件名と開封の相関レポート」機能と「配信結果ダウンロード」機能の2つ。「件名と開封の相関レポート」機能では、過去のメール配信結果をもとに、件名とメール開封の相関を3種類のグラフで確認することで、件名の改善を行いやすくなる。「配信結果ダウンロード」機能では、メールを配信したリストのうち未開封のメールアドレスをダウンロードできる。これにより、配信したメールに反応しないユーザーに別の施策を実施できるようになる。

件名と開封の相関レポートの例(左:割合パイチャート/右:俯瞰バブルチャート)
件名と開封の相関レポートの例(左:割合パイチャート/右:俯瞰バブルチャート)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]