ユーザー生成コンテンツ活用のSNS広告制作「Letro」が「Instagram Stories」に対応

アライドアーキテクツ、広告の規格に合わせて編集・配信、スライドショー動画も可能
よろしければこちらもご覧ください

SNSマーケティングのアライドアーキテクツは、同社が展開するユーザー生成コンテンツ(USG)を活用したSNS広告制作プラットフォーム「Letro(レトロ)」が、写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」の機能「Instagram Stories(ストーリーズ)」の広告に対応した、と8月31日発表した。利用許諾を取得したUGCをストーリーズ広告の規格に合わせて編集し、広告配信できる。静止画の活用に加え、スライドショー動画として編集することも可能。

インスタグラムストーリーズは投稿した画像や動画が24時間で消え、ツールで書き込みもできる。気軽に投稿可能なことが人気になっている。Letroに搭載する人工知能(AI)「MILA(ミラ)」が大量のUGCからインスタグラムストーリーズ広告に適したコンテンツを抽出して活用する。質の高い広告制作物が手間を掛けることなく低コストで配信できる。LetroはユーザーがInstagramに投稿した商品・サービスの写真を収集し、SNS広告に利用するサービス。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]