企業が自社顧客の中からからインフルエンサーを発見して一元管理できるサービスを開始

アライドアーキテクツ「インフルエンサーマネジメントサービス」、好意や影響度可視化
よろしければこちらもご覧ください

SNSマーケティングのアライドアーキテクツは、企業が顧客の中からブランドへの好意度が高くSNSで影響を持つ人、インフルエンサーを発見して管理できる「インフルエンサーマネジメントサービス」を始めた、と8月25日発表した。SNSアカウントの情報やアンケートの回答情報を基に好意度や影響力を可視化し、ユーザー情報やオファーの状況を一元管理する。企業のSNSマーケティング活動でインフルエンサーを活用したマーケティングの役割が一層重要になると考えた。

インフルエンサーマネジメントサービスは、キャンペーンなどを通じて企業のSNSアカウントのフォロワー、ウェブサイトの来訪者、メールマガジン登録者などをデータベースに登録。ユーザーの許諾を得たうえで登録SNSやフォロワー数、アンケート回答情報を取得してユーザーの情報を可視化し、管理する。プロモーションに参画してもらうオファーを個別や一括で送信でき、状況の一元管理も可能。プロモーション終了後もコンタクトを取って継続的にアプローチできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]