LINEが「LINE Ads Platform」で広告を最上部に表示する新メニュー「First View」を提供開始

リーチの最大化が図れるブランド広告企業向けのオプションメニュー
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/8/28 7:00

スマートフォン向け無料通話・無料メールアプリのLINEは、「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、オプションメニュー「First View」の提供を開始した、と8月25日発表した。First Viewは、LINE Ads PlatformにおけるLINEのタイムラインの広告掲載領域の最上部限定で広告を表示することができ、リーチの最大化が図れるブランド広告企業向けのオプションメニューとなる。

LINE Ads Platformは、LINEおよびLINE関連サービスを対象として、月間4,100万人以上のユーザーが広告に接触するLINEのタイムラインでの広告表示テストを2015年より開始し、2016年6月からは運用型広告配信システムの導入とLINE NEWSサービス内での広告配信の本格運用を開始している。LINE Ads Platformでは、ブランド広告企業におけるマーケティング活動の多様化とリーチの最大化を目的に、新たなオプションメニューとしてFirst Viewを提供することにした。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]