NTT東日本、専門家が不足する中小企業向けセキュリティサービス「おまかせサイバーみまもり」提供開始

セキュリティサポートデスクによる不正通信状況の監視・有事の際の復旧支援も提供

NTT東日本は、ネットワーク保守・運用、およびユーザサポートノウハウを活用した新たなセキュリティサービス「おまかせサイバーみまもり」を6月29日から提供する、と6月7日発表した。おまかせサイバーみまもりは、専門家が不足する利用者のオフィスに不正通信の検知・遮断機能を搭載した専用BOXを設置することでネットワークセキュリティを強化し、同時にNTT東日本のセキュリティサポートデスクによる不正通信状況の監視・有事の際の復旧支援を提供するサービスとなる。サービスはトレンドマイクロのネットワークセキュリティ対策技術を活用して提供する。

おまかせサイバーみまもりでは、不正通信を検知した場合など、有事の際にはウイルスの駆除や端末復旧をサポートする。NTT東日本がセキュリティ対策の運用にかかる業務を行うので、利用者の業務効率化や生産性向上、稼働削減につながる。専用BOXの設置により利用できる機能は、「不正アクセスブロック」「不正侵入対策」「メールセキュリティ対策」「URL指定によるアクセス制御」「アプリケーション利用制限」などとなる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]