小学館、月間2.2億PV/5,000万UUのメディア群データを活用した「コトバDMP」開発

コンテンツの企画制作と、小学館メディアや、さまざまな広告主企業にサービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

小学館は、言語解析技術を使ったデータマーケティング基盤「コトバDMP」を開発し、月間2.2億PV(ページビュー)/5,000万UU(ユニークユーザー)のメディア・コンテンツから得る興味関心データを活用したコンテンツマーケティング支援業務を開始する、と6月9日発表した。コンテンツの企画制作や、小学館メディアはじめ、さまざまな広告主企業にサービスを提供していく。

コトバDMPは、小学館の多様なメディア・コンテンツに接触する読者やユーザーの興味関心を「コトバ」レベルで解析し、広告主のマーケティング活動に役立てていく。広告主企業は自社ブランドの顧客・将来の顧客が小学館メディア群訪問時に、どのような情報、コンテンツに関心を持ち、結果的にどのように自社商品とエンゲージメントを高めていくのか、データに基づく独自の洞察を加えることが可能になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]