クレディセゾンがオムニバスを完全子会社化、「セゾンDMP」の各種データ活用を強化

オムニバスの広告関連技術やノウハウが最適な情報配信と広告事業拡大に役立つと判断

クレジットサービスのクレディセゾンは、デジタルマーケティング支援事業を手掛けるオムニバスの発行済み株式を100%取得して完全子会社にした、と4月25日発表した。クレディセゾンが構築したビッグデータ基盤「セゾンDMP(データマネジメントプラットフォーム)」が保有する各種データを活用したビジネスの強化を図る。オムニバスが持つ広告関連技術やノウハウが、最適な情報配信と広告事業の拡大に役立つと判断した。

オムニバスは2008年8月の設立で、動画広告やディスプレイ広告など運用型広告を中心に立案から配信まで請け負うほか、動画コンテンツマーケットプレイス「VISM(ビズム)」を展開している。クレディセゾンはセゾンDMPを2016年5月に構築し、パーソナライズした情報配信と、法人向けマーケティングソリューションを提供。実社会とウェブの購買データが蓄積・活用できる。オムニバスの買収でデータビジネスを本格展開する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]