CRMプラットフォーム「Synergy!」、CRMの顧客データから広告配信リストを作成する自動連携機能を追加

シナジーマーケティングのSnergy!がCRMデータの広告配信活用が可能に
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANグループのシナジーマーケティングは、同社のクラウド型CRMプラットフォーム「Synergy!」に、CRMの顧客データから広告配信リストを作成する自動連携機能を追加した、と3月23日発表した。Synergy!と複数の広告媒体を自動連携させることで、企業はCRMデータを広告配信に活用したり、広告の反応データをCRM活動に活かしたりすることが可能になるという。

追加した自動連携機能は、Synergy!に蓄積したCRMデータを基に広告配信リストを作成し、自動で広告媒体へ連携する。連携する広告媒体は「Facebook」「Instagram」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」など。連携機能を活用すれば、広告をCRM配信チャネルとして活用し、既存顧客向けのコミュニケーションを設定できる。また、企業保有のCRMデータを基に拡張配信することで、潜在顧客層の獲得も可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドロップシッピング
商品の在庫や仕入れなしに消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]