動画アドネットワーク「LODEO」がブランド毀損を回避するブランドセーフティ機能追加

サイバーエージェントのアドテクスタジオ、配信前にページ内のコンテンツを分析・検出
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、広告技術商品開発を行う同社の技術者横断組織、アドテクスタジオが、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」にブランドの毀損(きそん)を回避するブランドセーフティ(保護)機能を追加した、と3月1日発表した。配信前にページ内のコンテンツを分析し、ブランドを損ねる可能性があるページを検出して広告配信を避ける。

飲酒運転による事故のニュース記事にアルコール飲料の広告を配信しないようにできる。デジタル広告管理ツール開発のMomentumのブランド保護ツール「BlackSwan」と連携して実現した。ページ単位で分析・評価が可能になる。従来は事前に特定媒体を指定して限定配信する方法を採っているが、企業にとってポジティブとネガティブの両方のコンテンツがあるニュースサイトで対応が課題だった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]