AIメッセンジャーが「ロボットサービス事業部」設立、ソフトバンクと協業代理店契約

コミュニケーションロボット「Pepper」の販売とソリューション展開、他のロボットも
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントで広告技術分野のサービス開発を行う技術者組織のアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」を提供する子会社のAIメッセンジャーが、「ロボットサービス事業部」を設立した、と1月30日発表した。ソフトバンクと、「Pepper」と名付けたコミュニケーションロボットを利用する同社のロボット事業「Pepper for Biz」で協業代理店契約を結んだ。

AIメッセンジャーはソフトバンクとの協業代理店契約に基づき、企業向けのPepperの販売とPepperを活用したソリューションサービスを展開する。AI Messengerの知見を生かすとともに、アドテクスタジオの人工知能・機械学習研究組織「AI Lab」と連携し、人とロボットのコミュニケーション分野で新しい価値を提供する。ロボットサービス事業部では今後、Pepper以外のコミュニケーションロボットの販売対応も推進し、ソリューションサービスの展開を手掛ける。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]