「Tカード」の実購買データに基づくマーケティングサービス「パネルドライバー」開始

博報堂・CCCマーケティング・TSRの3社が開発、約1200万人のリサーチパネル会員が起点
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでデータベースマーケティングのCCCマーケティング、博報堂グループで市場調査会社の東京サーベイ・リサーチ(TSR)と業務提携した、と12月8日発表した。CCCグループが運営するポイントカード「Tカード」の実購買データに基づく約1200万人のリサーチパネル会員を起点にした統合マーケティングサービス「パネルドライバー」を共同開発して提供を始めた。課題に対応したマーケティング展開まで行う。

リサーチパネルにTSRのリサーチ企画・分析力を組み合わせ、実購買データでの行動分析と、ネットリサーチによる購買者の意識分析を通して生活者の洞察を多角的に可能にした。購買データに基づいて対象を選別するネットリサーチサービスで、発売間もない商品や衝動買いが多い商品、出現率の低い商品などについて購入層へのリサーチが容易になる。特定購買層へのネットリサーチで購買意識も分かる。これらを基に商品開発やプロモーションの企画・実施も展開する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]