シンフォニーマーケティングが「DBFocus」と「Oracle Eloqua」連携ソリューション提供

API連携でデータ管理問題を解決、精度の高いターゲティングでOracle Eloquaの成果拡大
よろしければこちらもご覧ください

BtoB(企業間取引)企業向けマーケティング支援のシンフォニーマーケティングは、同社のBtoBマーケティングプラットフォームサービス「DBFocus」と、オラクルのマーケティングオートメーション製品「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」を連携させるソリューション「DBFocus connector for Oracle Eloqua」の提供を始める、と11月10日発表した。Oracle Eloquaでのマーケティング成果拡大につなげる。

マーケティングオートメーションは取り込むデータがさまざまで、スコアリング機能の活用に必要な属性情報がないなど効果的にデータが管理できないと成果が得られない。DBFocus connector for Oracle Eloquaは、マーケティングデータをDBFocus上で統合して属性を付与。Oracle EloquaとAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)連携でデータ管理の問題を解決し、精度の高いターゲティングを実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]