日本語JPドメイン名を「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」などの学校名で――JPRSが申請受付を開始

サービス概要と登録受付スケジュール、申請方法などの詳細情報も公開

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」など、初等中等教育機関の名称(学校名)の日本語JPドメイン名の登録申請受付を10月2日から開始した、と10月3日発表した。同時にサービス概要と登録受付スケジュール、申請方法などの詳細情報も公開した。同時登録申請は10月2日から12月22日まで、通常登録申請は2018年2月1日となっている。同時登録申請では、申請期間中に受理した申請は同時に受け付けたものとみなす。

学校名の日本語JPドメイン名は、日本国内に住所を持つ学校及び学校の設置者(学校法人や自治体など)が登録できる。その他のサービス内容、各種規則は原則として汎用JPドメイン名及び都道府県型JPドメイン名に準じる。同一文字列に対し、複数の申請が競合した場合は抽選で登録者を決定する。同時登録申請は、登録希望者からJPRSへ直接メールで申請を受け付ける。同時登録申請の終了後、申請先着順による通常登録申請を受け付ける。申請先着順による通常の登録申請は、指定事業者を通じて行う。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]