JPRS、新gTLD「.jprs」のDNS耐障害性強化に向けISPと共同研究を開始

QTNetと共同で、DNSサーバーの分散配置による耐障害性強化に関する研究を実施
よろしければこちらもご覧ください

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、インターネットに関する研究や開発を主目的にJPRSが創設した新gTLD(汎用トップレベルドメイン)「.jprs」において、ドメインネームシステムの耐障害性強化に関する共同研究を、国内のインターネットサービスプロバイダ(ISP)と10月から開始する、と7月13日発表した。JPRSは先行して九州通信ネットワーク(略称QTNet)と、DNSサーバーの分散配置による耐障害性強化に関する共同研究を実施する。

JPRSとQTNetの共同研究では、「.jprs」のDNSサーバーをJPRSの管理外ネットワークであるISP内のネットワークに設置することで、大規模災害などの緊急事態発生により、JPRSとISP間のネットワークが分断する状況下においても、TLDのドメイン名の名前解決が継続的に提供可能になることを検証する。緊急事態発生時においても、ドメイン名の名前解決を継続的に提供し続けることは、DNSの信頼性向上に効果があるだけではなく、インターネットサービスの継続的な提供にも寄与するものになるという。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

新gTLD「.jprs」の委任について
http://jprs.co.jp/topics/2015/150709.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]