日本オラクル、クラウド移行を支援する専任組織「クラウド・カスタマー・コンシェルジェ」を発足

クラウド移行支援へのニーズの高まりを想定し、Oracle Customer 2 Cloudを拡充
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションの日本オラクルは、既存顧客のクラウドへの移行を支援するため、専任組織「クラウド・カスタマー・コンシェルジェ」を7月13日発足した、と同日発表した。同社は自社導入型業務アプリケーション製品の既存の顧客に対し、クラウドへの移行を促すプログラム「Oracle Customer 2 Cloud」を3月から展開しており、多数の顧客が活用している。こうしたクラウドへの移行支援へのニーズが高まることを想定し、Oracle Customer 2 Cloudを拡充して専任組織を発足することにした。

クラウド・カスタマー・コンシェルジェは、システム全体の現状を把握するための調査と評価を行う無償アセスメントを実施し、ソフトウェアとハードウェアを含めた既存のIT資産を無駄にすることなく、クラウドを有効的に活用してIT環境を最適化するための新しいシステム構成案を作成する。

活動範囲は、アセスメント対象となるシステムの特定、現状のシステム基盤の整理と問題点の整理、クラウドの活用を想定した新しいシステム全体像と移行計画の立案となっている。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

Oracle Cloudソリューション
http://www.oracle.com/jp/cloud/overview/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]