さくらインターネット、Webコンテンツのキャッシュ配信サービス「ウェブアクセラレータ」のβテスト実施

オリジンサーバーの内容をキャッシュ配信、アクセス集中による速度低下やダウンを予防
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/7/29 8:41

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、「さくらのクラウド」の新オプションサービスとして「ウェブアクセラレータ」を開発し、オープンβテストを7月28日から9月30日まで実施する、と7月28日発表した。正式サービス開始は10月1日を予定している。ウェブアクセラレータは国内向けのWebコンテンツ配信サービスで、オリジンサーバーの内容をキャッシュ配信し、Webサイトのアクセス集中による表示速度の低下やサーバーダウンを防ぐ。

ウェブアクセラレータは、さくらのクラウドのコントロールパネルから登録できるため、スムーズ利用開始できる。総計722Gbps以上のバックボーンを利用し、国内のデータセンターに設置した複数のWebサーバーから高速にコンテンツを配信。HTTPやHTTPSのほか、HTTP/2にも対応するため、高速配信を実現することができる。「ウェブアクセラレータ」オープンβは、配信可能なコンテンツに制限がなく、キャッシュファイル制限は1ファイルあたり200MiB、最大キャッシュ保持期間は7日となっている。料金はβテスト期間中は無料で、正式サービスはデータ転送量による従量課金を予定している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]