アクセス解析と外部調査モニターの属性データを連携する「Agile Audience Analytics」提供開始

電通と電通マクロミルインサイト、広告運用のPDCAの高速化を可能にするサービスを実施
よろしければこちらもご覧ください

電通と電通マクロミルインサイトは、企業が利用するサイト解析ツールに外部調査モニターの属性データを連携するサービス「Agile Audience Analytics(アジャイル・オーディエンス・アナリティクス)」を開発し、6月27日より提供を開始した、と同日発表した。Agile Audience Analyticsは、外部調査モニターの属性データを任意のサイト解析ツールやDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)にリアルタイムで紐づけできるため、広告戦略の立案段階で設定したターゲットへの到達度をタイムリーに把握でき、広告運用のPDCAの高速化が可能になるという。

Agile Audience Analyticsは、このほか、サイト解析ツールやDMPから抽出した任意の顧客セグメントと調査モニターの属性データを紐づけて調査対象者の選出を行うこともできることから、追加施策としてアンケートを実施するなど、戦略の軌道修正に役立てることができる。これまでのサイト解析は、分析結果に対して事後的に紐付けるもので、サイト解析時に即座に属性データを活用できなかった。電通ではコミュニケーション戦略の高速PDCAの実現に向け、サイト来訪者のプロファイリング技術の革新に取り組んでいく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]