データセクション、ソーシャルメディアの画像分析による消費者の「利用シーン発掘サービス」を提供

人工知能で大規模データを解析し、実際の利用シーンを分析することが可能に

プログラム開発・運用のデータセクションは、人工知能によるソーシャルメディア分析によって、消費者の商品利用シーンを発掘する「利用シーン発掘サービス」の提供を開始した、と12月30日発表した。消費者の実際の利用シーンに基づいた商品企画、プロモーション、販売支援施策が可能になる。消費者の日常生活を映し出すソーシャルメディア上の投稿画像を人工知能で分析することにより、大規模データを解析し、実際の利用シーンを分析することが可能になった。

利用シーン発掘サービスは、従来のキーワード分析では発掘できなかった利用シーンを、人工知能による画像分析で発見できる。キーワード解析と違って画像解析では、無数の画像を直接検索・分析できるため、従来は難しかった利用シーンの発掘ができるようになった。ファッショントレンドをいち早く把握可能なことから、アパレル業界におけるプロモーション活用が想定できる。また、ユニークな食べ方や飲み方の分析、特定の料理や菓子との組み合わせで消費する飲料などが分析できるため、可視化できていない消費者のインサイト(本音)の発掘が見込める。

データセクション
http://www.datasection.co.jp

利用シーン発掘サービスについて
http://www.datasection.co.jp/news/2015/12/20151230-1.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]