スマホ広告効果測定ツール「Force Operation X」、Twitterアプリ広告のリエンゲージメント計測に対応

CyberZがTwitter社の「Twitter Official Partner」の認定を受けているため連携が実現
よろしければこちらもご覧ください

サイバーエージェントの連結子会社でモバイル専門広告代理事業のCyberZは、スマートフォン広告効果測定ツール「Force Operation X(F.O.X)」において、「Twitter」アプリ広告のリエンゲージメント広告(アプリの再度の利用を促す目的で配信する広告)に対応した、と10月26日発表した。同社はTwitter社より「Twitter Official Partner」の認定を受けているため「F.O.X」における連携が実現し、F.O.X上でTwitterアプリ広告のリエンゲージメント計測ができるようになった。

F.O.XとTwitterアプリ広告のリエンゲージメント広告の連携により、これまでTwitterの広告管理画面上でのみ確認できていたリエンゲージメント広告の配信実績を、F.O.X上で計測することが可能になった。広告主はF.O.XのSDK(ソフトウェア開発キット)を導入すれば、Twitterのリエンゲージメント広告配信実績をその他のスマートフォン広告の配信実績とともにF.O.X上で一元管理することが可能となる。

CyberZ
http://cyber-z.co.jp/

F.O.X
http://cyber-z.co.jp/fox

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]