企業のWebサイトの現状把握をサポート、リニューアルなど目的に応じた調査と評価を行う診断サービスを提供開始

IMAGICAイメージワークスの企業Webサイトの活用度を診断するサービス「基礎調査G2」
よろしければこちらもご覧ください

Webやモバイルなどを利用した広告・宣伝・プロモーションのIMAGICAイメージワークスは、企業のWebサイトの活用度やユーザビリティなどを総合的に診断する「基礎調査G2」の提供を10月13日に開始した、と10月14日発表した。専門知識が少ないWeb担当者にも利用しやすい現状分析のツールとして、コーポレートサイトのリニューアルやオウンドメディア(自社メディア)構築プロジェクトを進めるにあたって必要になる情報や問題点の洗い出しなどをサポートする。

基礎調査G2は、Webサイトのパフォーマンス診断や専門家によるヒューリスティック評価(ユーザビリティを評価する手法)など、複数の調査を組み合わせたセットで構成している。調査にあたってヒアリングを行い、プロジェクトの目的に合わせた調査内容を選択して実施するため、効果的な調査結果を得ることができる。調査結果を活用すると目的や成功基準が明確になるため、プロジェクトの全体的な費用対効果を高めることができるという。

IMAGICAイメージワークス
http://www.imagica-imageworks.co.jp/

基礎調査G2
http://www.imagica-imageworks.co.jp/service/g2/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]