Marketo、マーケターが顧客の関心を捉え、対応できるようにするFacebookリード広告を統合

関心を瞬時にとらえ行動できるようになるため、顧客との継続的な関係を構築可能に
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングソリューションのMarketo米国本社は、ユーザーが短時間で登録して広告主の詳細情報を得ることができる「Facebookリード広告」を統合し「MarketoAd Bridge」の拡張機能として提供する、と10月7日発表した。モバイルデバイス上でリード広告をクリックするとユーザー情報を追加したフォームが開き、ユーザーは数回クリックすれば自分の詳細情報を送信することができる。企業はユーザーが興味を示した瞬間に、ユーザーの関心をとらえ、それに基づいて行動できるようになるため、企業は顧客との継続的な関係を構築できるようになるという。

Facebookリード広告のサポートにより、マーケターはMarketoに送信した情報を即座に受け取ることができ、Eメールやナーチャリング(顧客育成)・キャンペーン、営業担当者とのコンタクトを通じて関心のある顧客にエンゲージできるようになる。Facebookリード広告との統合機能は10月23日より、リクエストに応じてMarketo Ad Bridgeユーザー向けに提供する。

Marketo
https://jp.marketo.com/

MarketoAd Bridge
http://www.marketo.com/software/personalization/ad-bridge/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]