テレビ通販の放送から購買までのメディアをまたいだ流れを可視化する効果測定を開発

ロックオンとトライステージ、広告効果測定ツールとオフライン購買経路データを融合

マーケティング自動化プラットフォームのロックオンは、テレビ通信販売などダイレクトマーケティング支援のトライステージとともに、テレビ通販の放送から、コールセンターやウェブでの購買までのメディアをまたいだユーザーの流れをリアルタイムで可視化する新たな効果測定サービスを開発する、と8月4日発表した。3ヵ月後の提供を予定している。ロックオンのウェブ広告効果測定ツール「アドエビス」と、トライステージのオフライン購買経路データを組み合わせる。

テレビ通販の購買ルートは従来、コールセンター経由が大半で効果が容易に測定できた。しかしパソコンやスマートフォンの普及に伴い、通販番組を見た後にウェブ経由で購入する層が増え、効果の把握が難しくなっていることから開発する。通販番組放送から購買までのメディアを超えたユーザーの流れを意味する「クロスチャネルカスタマージャーニー」を可視化する。テレビ通販マーケティングの効果が正確に測定できるようになり、投資対効果の改善につなげられる。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

トライステージ
http://www.tri-stage.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]